トレーニング|機械学習処理による固有直交分解(POD)、動的モード分解(DMD)システム FBasis V1

機械学習処理による固有直交分解(POD)、動的モード分解(DMD)システム FBasis V1

FBasis V1 理論解説及びオペレーション体験コース

  • <1日> 10:00~16:00
  • 複雑な非定常流れから製品性能を左右する支配的な流体現象を自動抽出するソフトウェア『 FBasis(エフベイシス)V1 』の理論の解説、固有直航分解(POD)、動的モード分解(DMD)による解析結果分析例、更に実際の操作方法を学んで頂くトレーニングを開催致します。
    本トレーニングにより、FBasis V1の機械学習処理を利用して重要モードの抽出作業を自動的に行い、解析経験やノウハウを持たない設計者でも、容易に流れ場の特徴構造を抽出、理解して頂くことが可能になります。
  • 機械学習処理により大規模データから重要情報を自動抽出するCFD/CAE業界で世界初の商用ソフトウェアFBasis V1の理論を理解し、オペレーションを体験して頂くトレーニングです。
  • 大規模、非定常解析データを固有直行分解(POD)、その結果をDMD動的モード分解(DMD)し、その中から機械学習処理により重要モードを自動抽出し解析結果を分析する過程とその例を示して説明します。
  • 解析経験やノウハウを持たない設計にも理解していただける様に、カリキュラム組んでいます。
  • 受講対象 : 製品性能を左右する流れの本質を理解する手法を理解し製品設計への利用を検討している設計者
  • 【コースの内容】
  • 【1】理論解説
    初心者から上級者の方までを対象に、以下の内容で理論を説明します。
     (1) FBasis V1を使用したモード解析の流れ
     (2) FBasis V1で使用する理論
      ・Incremental POD (逐次型固有直交分解) - PODとの違いとメリット、解析事例について説明します。
      ・DMD (動的モード分解) - PODとの関係性やFFTとの違い、解析事例について説明します。
      ・機械学習処理による重要動的モードの自動抽出処理
       重要な動的モードがどのような機械学習手法を用いて抽出されるか従来法との違いとメリット、事例について説明します。

    【2】解析結果分析
    FBasis V1の解析結果が得られた次のステップとして、性能向上に向けたアイデア抽出の為に、解析結果をいかに分析すべきかについて例を用いて紹介します。

    【3】オペレーション
    FBasis V1の一連の解析の流れ(ソルバーデータ読み込み、解析パラメータセット、解析実行、解析結果についてFBasis-Plot によるグラフ作成、ポストプロセッサによる特徴的構造の確認)をPC上で操作します。
  • 6月26日(金)、9月3日(木)
  • 3月25日(水)、5月8日(金)、6月18日(木)、9月2日(水)
  • お一人様100,000円(税別)/1日

トレーニング お申込フォーム

会場のご案内

  • ■大阪会場
  • 株式会社ヴァイナス 本社セミナールーム
  • 会場詳細はこちら
  • ■東京会場
  • 株式会社ヴァイナス 東京支社
  • 会場詳細はこちら

本社トレーニングルーム

▲東京会場の模様
当日は弊社のエンジニアが、皆様の納得のゆくまで懇切丁寧に指導致します。

ご注意事項

【トレーニング定員について】
各回12名(先着順で締め切らせて頂きます)
【申込み締切りについて】
開催日の前週金曜日 12:00 に締め切ります。また、セミナー定員に達次第締め切らせていただきます。
【最少開催人数/開催中止について】
お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講または日程変更することがあります。 予めご了承ください。
【キャンセルについて】
準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催の3営業日前までとさせていただきます。

※上記料金には消費税は含まれておりません。
※上記料金及び内容は予告なく変更される場合がありますのでご了承下さい。

営業お問合せ先

  • HOME
  • トレーニング一覧
  • 機械学習処理による固有直交分解(POD)、動的モード分解(DMD)システム FBasis V1  トレーニング