高速多目的設計探査・最適設計パッケージシステム iDIOS

iDIOSは国内・海外の研究機関の複数の技術成果をパッケージ化した多目的最適設計のためのソフトウェアパッケージです。

iDIOS V1(イディオス)は、国内・海外の研究機関が産業界のニーズに対応して開発した機能をヴァイナスがそれらの機能モジュールをパッケージ化した多目的最適設計のためのソフトウェア製品です。iDIOSは、最新の国内で開発された高速最適化計算モジュールとして、4目的関数以上に対応可能なCHEETAHや、近似計算を利用したアルゴリズムや制約条件に重点を置き高い収束性を持つアルゴリズムなど、複数の最適化エンジンや対話型ワークフロー構築モジュールなどをオプション選択できます。

▲ iDIOSモジュール構成図

iDIOSの特長

多目的最適設計は製品開発や多くの社会現象の対応を行う上で欠かすことのできない技術になっています。既に多くの製品開発で複数の目的関数に対する設計パラメータの最適化(多目的最適設計)が進められています。しかし、解析精度の確保や計算時間の増大、ライセンス費用やランニングコストの高さ、システム設定の煩雑さ、さらには解析結果の分析と精査など問題に合わせた解法を選択する必要があります。またワークフロー構築を簡単に行なうことも必要です。
これらの課題を解決するため、 iDIOS(Integrated DesIgn Optimize System)は開発され、現在も複数の研究機関と連携しさらなる機能強化開発が進められています。

  • 高速・高安定最適化アルゴリズムの選択
  • オープンソース型最適設計ライブラリを搭載
  • ヴァイナスの長年の最適設計ノウハウを活かした総合サポート(サポート・トレーニング・利用の指導・最適設計コンサルティング)

※それぞれの機能モジュールはオプションです。

複数車種同時最適化(マツダ株式会社様ご提供)

▲ 複数車種同時最適化(マツダ株式会社様ご提供)
※マツダ(株)様の利用許諾済。
第三者の他への転載、転用を一切禁止します。

ワークフロー実行画面の例

▲ ワークフロー実行画面の例

多目的設計探査ソフトウェア「CHEETAH」により高速に多目的最適設計が可能

最適設計探査は、JAXA開発の4目的以上の目的関数、多くの制約条件からなる設計パラメータ問題でも安定的かつ高速に探査計算が可能な「CHEETAH」や、その他の最適化ソフトウェアを搭載し、様々な最適探査アプローチに対応し適時切り替えて利用することができます。

多目的高速設計探査

2-3目的設計探査で高評価のNSGA-Ⅱを基盤に、4目的以上の高速探査を可能としたアルゴリズムを搭載。

多次元問題の可視化評価

応答曲面3D表示、散布図マトリックスなど豊富なポスト処理機能の利用により、多次元問題結果を可視化し、設計探査結果をより効果的に製品設計・開発へフィードバックいたします。