OpenFOAM®の機能強化版 HELYX®

  • HELYX®(OpenFOAM®の機能強化版)の特長
    • HELYX-GUI: 直感的にわかりやすいGUIにより誰でも簡単にCFD計算を実行
    • HELYX-Core: OpenFOAM®開発者によりロバスト性・並列性能・信頼性を向上させたCFDソルバ
    • helyxHexMesh: snappyHexMeshオリジナル開発者が改良したオートメッシャでメッシュ品質を改善
    • 【有償オプション】連成ソルバ、アジョイントソルバ・2層流ソルバなど各種オプションにより、CFD計算プロセスを高度化
  • 安価なライセンス料金
    • ライセンス料金の増加負担なしでマルチコア・マルチジョブ・マルチ計算プラットフォームで無制限に活用可能
    • CFDソルバのライセンス料金の大幅な低減を実現する運用スタイルへの移行支援

オープンソース利用のための総合サポートサービス OPASS

近年、ソフトウェアライセンスコスト低減を目的として、OpenFOAM®に代表されるオープンソースCFDソルバの業務利用に注目が集まっています。OpenFOAM®をCFD業務で利用する上での問題点としては、ソルバの安定性がメッシュ品質に対して敏感であること、GUIが無いことによる操作性の悪さなどが挙げられます。OpenFOAM®が抱えるこれらの問題を解決し、オープンソースCFDソルバの業務利用を推進するために、英国Engys社がオープンソースCFDパッケージHELYX®を開発しました。HELYX®はOpenFOAM®をチューニングしてロバスト性を高めたソルバHELYX-Coreを中核として、各種パラメータを設定するためのGUI環境HELYX-GUIを備えることで、一般的な商用CFDソフトウェアと同等の使用感を実現しております。また、連成ソルバやアジョイント法による最適化ソルバなどのアドオンモジュールを追加することで、ソルバ機能をさらに向上させることができます。さらに、HELYX®ではジョブの同時実行数や並列数に対する制限が無いライセンス形態を採用しているため、最適化計算や大規模CFD計算の計算時間短縮とコスト削減が可能です。

開発元英国Engys社沿革

オープンソースCFDソフトをCFD設計実務に適用することを目的に、2009年英国にて設立。OpenFOAM®をベースとしたCFDパッケージソフトのHELYX®を開発して、自動車、航空宇宙、発電、石油と天然ガス等の広範囲な産業分野に適用可能な製品と技術サービスを提供しています。創業者の一人は、Nabla社とIcon社にて開発部門長を歴任しており、OpenFOAM®に関する豊富な開発経験を活かして、ソルバカスタマイズやコンサルティングサービスを行っています。

※OpenFOAM®はESIグループが現在著作権を所有する、C++言語で書かれたCFDオープンソースソルバのライブラリ集です。
※HELYX®とHELYX-SASはEngys社が開発し、(株)ヴァイナスが販売・サポートします。
※HELYX-SASのPointwise/FieldView/ FieldView Parallelとの接続部については(株)ヴァイナスが完全サポートを行います。