クラウドコンピュータ利用支援システム CCNV

機能一覧

サーバー選択

クリックひとつでさまざまな自社サーバーやクラウドHPCサーバーを選択できます。

接続実績:FOCUSスパコン、AWS、IBM Cloud、Microsoft Azureなど、国内の主要なスパコンや各種クラウドサーバーの接続実績があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

サーバー選択 IBM Cloud

GUIの簡単操作

新たにLinuxシステム知識習得の必要がなくPCからHPCサーバーを操作することができます。ドラッグ&ドロップによるファイルの送受信やHPCサーバーでのジョブ実行など、GUIの簡易な操作性で利用できるので、利用知識の習得に費やす時間を削減できます。

PCからHPCサーバーを直感的なGUIで操作

PCからHPCサーバーを簡単に利用

 ドラッグ&ドロップによるファイル転送

 ジョブ実行や収束グラフの表示、リモート編集など

Linuxコマンドやジョブ管理の知識不要

ファイル転送(C1,C2転送モード)

様々なシステムに合わせて切り替えて利用

C1転送モード

 SFTP(マルチセッション)による安全かつ効率的なファイル転送

C2転送モード

 C1転送モードに加え、1ファイルをマルチセッションで並列転送

 バックアップファイルなど単一の大容量ファイルに効果的

C3高速ファイル転送モード(有償オプション)

 UDPによる高速ファイル転送

ファイル転送機能

リモート編集

PCからHPCサーバー上のファイルをPCのアプリケーションで表示・編集ができます。ファイル編集のためだけにHPCサーバーへのログインやLinuxコマンド操作などが不要で、使い慣れたツールを利用できますので、作業効率が大幅にアップします。

PCからHPCサーバー上のファイルをPCのアプリケーションで表示・編集

  • ファイルに関連付けられたアプリケーションで編集・表示
  • 関連付けられていないテキストファイルに使用するエディタを設定可能
  • 多段ログインの必要なシステムでもHPCサーバーのファイルを直接編集

サーバーとクライアント間のファイル転送等をマウス操作で実行

ジョブ実行

各種ジョブスケジューラに対応したGUIから簡単に計算ジョブを実行・制御できます。

ジョブスケジューラの対応はこちらをご覧ください。

簡単に計算ジョブを実行・制御

IBM Cloud

  • ジョブの実行、停止、計算状況の表示
  • テンプレートでお客様環境に適用可能
  • 設定ファイルで入力フィールドなどのGUI拡張が可能

ソルバーインターフェイス

HELYX®などソルバー実行専用のGUIから簡単にジョブを実行、管理できます。

ジョブ実行の統合管理

  • データアップロード、ジョブ実行、データダウンロードを自動実行
  • 実行中、実行済みジョブの管理
  • 標準出力・エラーの表示
  • 収束グラフモニター

ソルバーインターフェイス

収束グラフモニター

収束状況をグラフで簡単に確認

HPCサーバー上で計算実行中の収束グラフを、PCやiPhone, iPadなどのモバイル端末から簡単に確認することができます。これにより、計算の発散、収束の確認が容易になり、計算を継続するか否かを迅速に判断できます。

ソルバ実行中の収束グラフのモニタリング表示

クラウドサーバー料金試算

各種クラウドコンピュータサービスの複雑な料金概算を瞬時に見積試算して表示することができます。メモリやCPUの単位をそろえることで、入力しやすく、早く料金を比較することができます。必要な作業は使用する計算設備(コア数、メモリ容量、ディスク容量等)の数量等をGUIから入力するのみです。(料金は概算ですので、実際の請求料金とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。)

複雑な料金概算を瞬時に見積り表示

  • 使用する計算設備をGUIから間単に選択
  •       CUPタイプ、コア数、メモリ容量、ディスク容量などをGUIから選択するだけ
  • 対応クラウド:FOCUSスパコン、AWS、IBM Cloud
  • 複数のクラウドコンピュータサービスから、実行ジョブに対して最も料金が安く最も適した設備を自動的に選択可能にします(将来予定)

クラウドサーバーの選択と料金試算機能

有償オプション

C3 高速ファイル転送モード

長距離間や低品質回線で遅延やパケットロスが多発するネットワーク環境でも、大容量や多数のファイルを高速に転送できます。また、他の通信トラフィックの状況に合わせて通信速度を自動的に調整する帯域制御により、他の通信と共存して効率よくデータを転送できます。

1GBファイルの転送時間(イメージ)

大容量、多数ファイルの高効率なファイル転送

  • 長距離間や低品質回線でも安定した高速転送
  • SFTPなどと比較して数倍~十数倍以上のパフォーマンス
  • ストリーミング転送により多数ファイル転送時のオーバーヘッドを削減
  • FOCUSスパコンにも対応

動的な帯域制御により、他の通信と共存

  • 他の通信トラフィックが存在する場合、消費する通信帯域幅が公平になるように自動調整
  • 最大帯域消費量の制限により、他業務で使用する通信帯域幅を確保することが可能

C3転送モードによる高速化事例

“C3転送モードを利用することで、転送速度は25MiB/s以上となり、通常転送よりも10倍速くなりました。“
プラントメーカーC社様(2015年4月)

FOCUS 高速ファイル転送(FOCUS C3転送モード)サービス

  • FOCUSスパコン専用の高速ファイル転送機能。FOCUSスパコンのデータを高速かつ安全にファイル転送
  • C1, C2転送モード(FOCUS回線)との併用で合計2Gbps分の回線を利用可能

FOCUS 高速ファイル転送(FOCUS C3転送モード)

Accounting Manager

複数のクラウドHPCサーバーの利用状況をレポートする機能。管理部門で必要なユーザー単位、プロジェクト単位、部門単位などの利用状況の管理・レポートが可能。

HPCサーバー利用状況(利用時間、FOCUS料金)を確認

  • アクセスしているHPCサーバーの利用状況をグラフで表示
  • 複数のクラウドHPCサーバーの利用状況をレポート
  • 期間設定、月単位、年単位
  • FOCUSスパコンの場合は利用 料金を重ねて表示

マイ・アカウンティングレポート機能

HELYX® on Cloud

HELYX® on Cloudは、HELYX®ソルバーをクラウドHPCサーバーによりオンデマンドで利用できるSaaS形式のサービスです。専用のジョブ実行と管理機能により、簡単かつ効率的にHELYX®の解析計算を実行できます。
HELYX®を利用期間でご契約いただけますので、HELYX®の年間契約前の評価試用や、計算資源のピークカットに最適です。
本サービスにはHELYX®のライセンス使用料とヴァイナスによる高い技術サポート、ならびにクラウドHPCサーバーの利用料金が含まれます。

専用GUIから専用のクラウドHPCサーバーでHELYX®計算を簡単実行

  • データアップロード、ジョブ実行、データダウンロードを自動実行
  • 実行中、実行済みジョブの管理
  • 標準出力・エラーの表示
  • 収束グラフモニター

HELYX® on Cloud(OpenFOAM®の強化版HELYX®のオンデマンドサービス)

HELYX® on Cloudサービスの詳細はこちらをご覧ください。

CC-Drive(CAE専用オンラインストレージ)

製品設計やCAE業務の過程で生成される解析データや画像、各種ドキュメントを、セキュアに保存、共有するためのCAE用のオンラインストレージサービスです。CCNVからの利用により、クラウドHPCサーバーで生成された解析データを自動でバックアップできます。また、グループシェアリングによりセキュアな情報共有ストレージとして利用できるなど、CAE業務で様々な活用が可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。