エンジン設計コンサルティング コンサルティングサービス

エンジン性能向上のための設計形状最適化などの提案・受託サービスの他、エンジン技術者向けの講習会・トレーニングを開催しエンジンの設計開発に貢献します。

弊社は、自動車、船舶、汎用機、発電、農機等の用途の内燃機関の性能・機能向上のための設計開発アウトソースなどのエンジニアリングサービスをお受けいたします。

エンジン設計コンサルティングの特長とコンセプト

CFD利用での形状最適設計

内燃機関の設計には、熱力学、流体力学、材料力学などの知識の他、設計、評価、適合などのエンジン開発の知見も多大に必要となります。また、性能や機能向上を図るために、各種緒元や形状の最適化が必要とされます。
内燃機関の設計開発を熟知したエキスパートエンジニアが、自身の設計開発経験・ノウハウを駆使して、性能・機能向上を図るための最適形状の提示や最適化計算を行い効率的な開発推進可能な設計フローの提案などを行います。

エンジン設計技術の講習会

エンジン開発設計の中で、CAE技術者が短期で習得しにくい知見・経験を、長年、内燃機関の設計開発を熟知したエキスパートエンジニアが、短期でCAE技術者としてレベルアップできる技術を教示いたします。

オープンソースを用いた一次元吸排気ミュレーショントレーニング

エンジン開発設計の中で必須となっている一次元吸排気シミュレーションを長年の経験で習得したノウハウなども含めたトレーニングを、新規の費用をかけずに取り組めるオープンソースを用いて実施いたします。

エンジンCFD・燃焼解析用メッシュ生成

高性能メッシュジェネレータPointwiseを用いたエンジンCFD・燃焼解析用メッシュ生成を承ります。

エンジンCFD・燃焼解析用自動ポスト処理システム

エンジンCFD燃焼解析の高度な評価を自動レポートシステムの構築を承ります。
また、FieldView上でエンジン燃焼解析の自動評価機能を追加するアドオンプログラムICE-Reporterのユーザ様固有の評価手法に合わせたカスタマイズをお請けします。

エンジン設計コンサルティング内容

形状モーフィング最適化ソフト「SCULPTOR/OCC-Expert」 および 多目的最適化ツール「DAKOTA」を用いた形状最適化

・吸気・排気ポート形状最適化

・吸気・排気マニホールド形状最適化

・燃焼室(ピストン頂面・シリンダヘッド下面)形状最適化

・エアクリーナ・レゾネータ・サージタンク形状最適化

・冷却水通路・ウォータジャケット形状最適化

・オイルポンプ・油路・オイルギャラリー形状最適化

>>具体的事例はこちら

エンジン技術者向け講習会・トレーニング

エンジン技術講習会

エンジンがわかるCAE技術者になるためには計測と1D(一次元)吸排気サイクルシミュレーションを知ることが最も近道の一つという考えの下、エンジンおよびターボ設計・実験・CAEおよび各部門間の折衝・マネージメントを長年経験してきた弊社のエンジン技術者が、エンジン設計開発現場での実践経験を元に、エンジン設計のための吸排気・燃焼・ターボ技術についてCAE・設計・実験に直結した講義を実施いたします。

①入門コース(1日)
エンジン吸排気・燃焼入門講座
~実験計測から1D解析までの実務レベル講義~

②実践コース(1日)
エンジン吸排気・燃焼実践講座
~実験計測から1D解析・CAE実践活用講義~

③ターボチャージャーコース(2日間)
エンジンターボ技術実践講座
~ターボの基礎技術・1D解析・実機設計講義とTURBOdesignを使った事例紹介とハンズオン~

>>エンジン技術講習会の詳細・申込はこちら

1Dコードの基礎解析手法 イメージ画像

1Dコードの基礎解析手法

一次元吸排気サイクルシミュレーショントレーニング

エンジン技術講習会でご紹介したオープンソースの一次元吸排気サイクルシミュレーションを用いて、モデル作成から実行、結果処理、結果考察に加え、商用ソフトのマニュアルには記載されていないようなモデリングノウハウと設計現場で活用できる知識を習得頂くことができます。

①基礎・NAエンジン編(1日)
一次元吸排気サイクルシミュレーションのモデル化の基礎、燃焼モデルなど、NAエンジンのモデル化について習得頂きます。

【2016年3月より新規開催】
②実践・TCエンジン編(1日)
ターボチャージャなどの過給器つきエンジンのモデル化およびマップ入力や過渡解析などの実践的に使う知識を習得頂きます。

【2016年夏開催予定】
③応用・最適化編(1日)

オープンソースの最適化ソフトと組合わせて、エンジン性能最適化のため諸元検討を行える応用技術を習得頂きます。

ターボチャージャーエンジンモデル イメージ画像

ターボチャージャーモデル例

>>一次元吸排気サイクルシミュレーショントレーニングの詳細・申込はこちら

エンジン設計コンサルティング支援するツールのご紹介

ICE Reporter V3.0 エンジン燃焼解析自動レポートシステム

ICE Reporter V3.0 エンジン燃焼解析自動レポートシステムロゴ

ICE Reporter V3.0はFieldViewへエンジン燃焼解析の自動評価機能を追加するアドオンプログラムです。指定クランク角の物理量分布や物理量の時系列データのグラフ化等により、FieldViewを用いてエンジン筒内の流動、混合、燃焼状態の高度な分析が可能となり、設計効率・生産性向上を推進します。V3.0ではエンジン流動燃焼解析に特化した研究開発者が要望する機能を追加し、エンジン設計・解析への貢献度を拡大します。

詳細はこちら

SCULPTOR メッシュモーフィング&流体最適設計システム

メッシュモーフィング&流体最適設計システム SCULPTORロゴ

SCUPTORは、流体解析用に開発された最適設計支援システムです。既存のメッシュデータを高速・高精度かつ滑らかにモーフィング可能です。また、標準搭載の勾配法による高速・高精度最適化エンジンにより多くのパラメータスタディを短時間で自動実行でき、製品性能の向上を実現します。

詳細はこちら

サービズについてフォームからのお問合せはこちら