解析自動実行システム開発 - CFD Automation Service - コンサルティングサービス

貴社製品の設計システムの自動化・省力化を支援し、CFD業務効率化の向上、開発期間の短縮を実現します。

ヴァイナスでは、流体解析用高精度メッシュジェネレータPointwiseとCFDインテリジェントポストプロセッサFieldViewによる、パターン化した設計対象へのメッシュ生成プロセスの自動化、同じく定形化された解析結果の評価データ出力の自動化、さらにはプリプロセッサ・ソルバ・ポストプロセッサを包括した解析自動実行システムなどの設計・開発サービスを行なっています。さらに、メッシュモーフィング・最適化設計支援ツールSCULPTORなどとの連携による最適化設計システムの構築などへの拡張も可能です。

解析自動実行システム開発の特長

近年の製造業では、開発期間の短縮とコストダウンのため、CAE/CFDの活用が重要となっています。設計・解析の現場においては、これらの課題に加えて、最適設計や極限設計といったさらに高度な課題の解決が求められています。今後、より効率的な製品開発環境の構築を実現するためにも、ヴァイナスの解析自動実行システム開発をご活用下さい。

エキスパートノウハウのシステム化

経験豊富な技術者のノウハウをシステム化し担当者の技術レベルに関わらず、信頼性の高い高品質メッシュの生成や工学知識が必要な計算結果の評価判断を、誰でも実現可能になります。

コスト削減

GUIからの簡単入力など短時間の作業のみで、上述の高度なプリ・ポスト処理が可能となり、CFD業務の人件費を大幅に削減できます。

開発期間短縮

自動化による処理時間短縮に加え、バッチ処理も可能となり、設計業務におけるプリ・ポスト処理に要する期間を飛躍的に短縮でき、大幅な開発期間短縮を可能にします。

解析自動実行システム開発の内容

自動メッシュジェネレータ

解析対象の現象とソルバに合わせた高品質メッシュを生成

自動評価レポートシステム

企業固有の設計基準に沿って解析後のポストプロセスを実行し、設計や解析の良否判定を自動的に行いレポート出力

最適設計システム

オープンソース多目的最適設計ツールDAKOTA等を利用して構築
大規模解析データ・大量のパラメントリックスタディデータをコンカレントバッチ処理

設計GUI

企業固有の設計プロセス実行のための専用GUI

エンジニアリングデータベース

設計ノウハウの継承
CFD/CAE設計資産を社内共有

データコンバータ

連成解析での流体データと構造データ間の変換など異なるソフトウェア間でのデータ通信用の変換等、様々なデータ間のコンバート

サービズについてフォームからのお問合せはこちら